リコー シータの写真や動画をMacで直接読み込む方法(Yosemite対応)

前回、RICOH THETAの写真と動画をMacの「写真」アプリで読み込みましたが、
直接読み込む方法があるのでご紹介します。
Mac (Yosemite)の「写真」アプリでリコー シータの動画を読み込む方法 - 朝型人間の日記
この方法を使うと写真アプリを介さずに、直接フォルダに保存することができます。
その方法は以下です。

  1. リコーシータの電源を切ります。
  2. シャッターボタンと無線ボタンを押しながら、
  3. MacとシータをUSB接続します。
  4. すると、普通のUSBメモリのようにシータが認識されます。
  5. 「RICOHDCX」を開くと、DCIMフォルダの中に写真と動画があります。
  6. それをPCのフォルダにドラッグ&ドロップすると、コピーすることができます。
  7. コピーしたファイルを専用アプリで開くと360度で見ることができます。

以上です。