Mac (Yosemite)の「写真」アプリでリコー シータの動画を読み込む方法

f:id:ax3n_data:20150503185854j:plain
(↓写真アプリを使わずにコピーする方法があったので、そちらのほうがよさそうです。)
リコー シータの写真や動画をMacで直接読み込む方法 - 朝型人間の日記
ウチにもやってきました!360度天球撮影ができるカメラ「RICOH THETA」。
動画が取れるようになったニューモデルのm15を買いました。
動画の取り込み時にちょっとトラブったので、メモしときます。
早速動画をとり、愛機のMacbook Airに動画を取り込みました。

  1. シータをUSBでMacに接続
  2. 写真アプリを開く
  3. 上部の読み込みタブを選択して、「すべての新しい写真を読み込む」を押して取り込みます。
  4. 写真タブに切り替えると読み込んだ写真と動画があります。

ここで注意点。シータでとった写真や動画はRICHO THETAの専用アプリで開かないと、360度に見えないのです。そのため、取り込んだ写真や動画を別のフォルダに保存して、専用アプリで開き直す必要があります。
写真なら以下のようにスムーズに見ることができます。

(写真の場合)
  1. 写真を他のフォルダにドラッグ&ドロップして、保存します。
  2. 専用アプリを開き、保存した写真を専用アプリのウィンドウにドラッグ&ドロップして開きます。
  3. 360度見れます!

しかし!動画だとフォルダへのドラッグ&ドロップ時になぞのエラーが発生します。
f:id:ax3n_data:20150503190338p:plain
これを回避するには少々特殊な操作が必要です。

(動画の場合)
  1. まず取り込んだ動画を選択します。(選択すると周りが青い枠で囲われます)
  2. 次にメニューバー(一番上)の「ファイル」をクリック。
  3. 「書き出す」→「未編集のオリジナルを書き出す...」で他のフォルダに保存できます。
  4. 保存した動画を専用アプリにドラッグ&ドロップします。
  5. 「動画変換」というウィンドウが出るので、「開始」をクリックすると変換され、見ることができるようになります。

これにて一件落着。
リコー シータなかなか面白いです。旅行に持って行っていろんなとこ撮りたい!
Youtubeへの投稿にも対応して、ますます面白くなりそうです。
もうちょっと使い方説明とかが親切な方がいいとも思いますが^_^;
ここが分からない等あれば、コメントください。

以上