Windows10 Insider Preview(Build 10074)でDeveloper Modeを有効にする方法

先日Windows10のBuild 10074が公開され、名前がTechnical PreviewからInsider Previewになりました。Visual Studio 2015 をインストールして試そうとしたところ、Developer Modeを有効にしてください。と表示されたので、その方法をご紹介します。

本来なら、Settings(設定)→Update & security→For developers から設定できるのですが、不具合で設定できません。

回避策が以下のURLにあったので、そのとおりに設定します。

Enable your device for development

https://msdn.microsoft.com/library/windows/apps/xaml/dn706236.aspx?f=255&MSPPError=-2147217396

 タスクバーにある検索ボックスに「Gpedit.msc」と入力して一番上にでてくるプログラムを選択して実行します。

起動時に警告が出ますが、OKを押してダイアログを閉じます。

ローカルグループポリシーエディターというウィンドウになったら、右の欄をダブルクリックしていきます。

コンピューターの構成→管理用テンプレート→Windows コンポーネント→アプリパッケージの展開

この中の「Allows development of Windows Store apps and installing ~~」と「信頼できるすべてのアプリのインストールを許可する」を設定します。

まずは「Allows development of Windows Store apps and installing ~~」をダブルクリックし、有効を選択して、OKをクリック。

次に「信頼できるすべてのアプリのインストールを許可する」をダブルクリックし、有効を選択して、OKをクリック。

ローカルグループポリシーエディターを閉じたら設定完了です。

これでDeveloper Modeになり、Visual StudioWindows Storeアプリを開発できます。